オフロード用サスペンション

オフロード用サスペンション

オフロード用サスペンション

優れた駆動力を持っていてもそれを確実に路面に伝えるサスペンションがなければオフロード走行では何の役にも立ちません。

 

サスペンションのストロークが少なければすぐにタイヤが浮いてしまい、そこからの駆動力を得ることができなくなってしまいますし、サスペンションの構造的なことからも駆動力を発揮することができなくなるのです。

 

ジムニーにつけられているサスペンションは、前後ともコイルスプリングを使ったリジットサスペンションというもので、左右のタイヤがつながっている状態のものを利用しています。

 

このリジットサスペンションは、国産車が作られるようになった時代からずっとあるものでコストをかけずに丈夫な足回りを作るのによく使われてきました。

 

しかし、タイヤの動きが反対側のタイヤの動きに影響してしまうということで乗り心地を求める乗用車やコーナーリング性能など走行安定性を求めるスポーツモデルでは敬遠されています。

 

ジムニーがあえてこのサスペンションを選んだのは、オフロードでは最適なサスペンションだからです。

 

オフロードでは何はなくとも駆動力が重要で、いかにタイヤの回転を路面に伝えるかというのが大事なところなのです。

 

リジットサスペンションは片側のタイヤが大きくバンプするとその反対側のタイヤやてこの原理で路面に押し付けられる方向に力が加わるのです。

 

それによってタイヤがしっかりと路面に食い込み最大限の駆動力を得ることができるというわけです。

 

独立懸架の車が四苦八苦している路面でもジムニーなら簡単に走破することができるのです。