機械に頼らない安全性

機械に頼らない安全性

機械に頼らない安全性

燃費性能の次は安全性能といった感じで軽自動車に限らず自動車界全体で安全装備の開発が今頃になって盛んになっています。

 

ジムニーにも安全装備というものがいくつか付けられているのですが、ジムニーという車の性格上、安全装備に頼った安全性能は持っていません。

 

そもそも危険きわまりないところを走るために作られた車ですので、それこそ衝突安全ボディとかパッシブセーフティだけでいいと思うのです。

 

極端な言い方をすればエアバッグもいりません。

 

オフロードを走るときは下回りや前後オーバーハングがバンバン路面にヒットするものですからそんな衝撃でいちいちエアバッグが開いてダッシュボードやフロントガラスを壊された日にはいくらお金があっても足りません。

 

ABSも付けられているのですが路面ミューの低いところでは逆に制動距離を長くする恐れもあります。

 

ジムニーはドライバーが自分の責任で安全性を作り出す車であって機械によって作られた安全性能に胡坐をかくような車ではないのです。

 

それほど安全性が必要だというのであれば、そもそもジムニー墓はない方がいいですし、それ以前に軽自動車は買わない方がいいでしょう。

 

車の安全はドライバーが作るものなのです。