パートタイム4WDが重要

パートタイム4WDが重要

パートタイム4WDが重要

4WDといっても今ではいろいろなものがあります。

 

軽自動車や普通の乗用車などにつけられるどこかのたいやが滑った時だけ四輪駆動になる生活4WD、速く走るためのトラクションを稼ぐために一部のスポーツモデルにつけられているスポーツ4WDなど、これらのほかに構造や使い道によってさまざまなスタイルの4WDシステムがあります。

 

しかし、その4WDシステムの基本となるのがパートタイム4WDというものです。

 

この4WDは前後のデファレンシャルギアをプロペラシャフトでつなぎ、その間にトランスファーという切替機を挟んだ形で付けるという単純な構造の4WDシステムなのですが、悪路走破性を高めるのに一番適した4WDシステムで四つのタイヤにダイレクトに均等に駆動力を与えることができるものなのです。

 

問題は前後間の内輪差によるブレーキング現象です。

 

その現象をなくすためにセンターデフを入れたフルタイム4WDができたわけですが、オフロード走行ではそれが邪魔になって最大限の駆動力を得ることができないので、使われることはありません。

 

ジムニーのようなパートタイム4WDではオンロードではトランスファーを二輪駆動のFRに切り替えて走り、ブレーキング現象に置きにくいオフロードで4WDに切り替えるという使い方をします。

 

実はこれがオフロード走行面では一番いいことなのですが、そういった知識がない方や操作を面倒くさがる人が多いため、生活四駆などという4WDシステムが付けられるようになったのです。

 

パートタイム4WDは悪路を走るための4WDシステム、まさにジムニーのピッタリなものなのです。