軽自動車とは思えない装備を持ったスズキ ジムニー

軽自動車とは思えない装備を持ったスズキ ジムニー

ジムニーこそ本物のオフロードマシン

もし、100キロ先にある目的地までずっと砂地や荒れ地、がれきが散乱する地域、雪道など道路というものがなく、ひたすら悪路を走らなければならないとしたら、皆さんはどんな車を選びますか?

 

トヨタのランドクルーザー?三菱のパジェロ?

 

自分だったら間違いなくスズキの軽自動車であるジムニーを選びます。

 

軽自動車だからといってバカにはできません。

 

1970年の発売当時からずっと変わらずに持ち続けてきた、あくまでもオフロードマシンとしての性能を追求した各装備は、国産車いや世界の中でもまれに見る優れた悪路走破性をもたらしているのです。

 

ジムニーはそもそも、四輪駆動不整地用万能車として作られたホープ自動車のホープスター4WDの製造権をスズキが買い取ったことが始まりです。

 

当時からパートタイム4WDシステムとリーフリジットサスペンションを持っており、それを1970年にスズキが本格的なオフロードマシンとして発売したのが初代ジムニーとなります。

 

その時は空冷式の2ストロークエンジンを持つものでしたが、中期型では水冷式になり、後期加賀田では当時の軽自動車の規格であった550ccエンジンを搭載するまでになりました。

 

初めてのフルモデルチェンジによって生まれた2代目ジムニーでは、より市販車らしい快適性を持った車となり、エンジンも660ccのターボエンジンに置換、そして現行モデルとなる3代目ではより豪華な装備と乗用モデル並みのインテリアを備えるようになりました。

 

しかし、悪路走破性に関する装備は、一切変わることなく、オフロードを走るために生まれてきたオフロードマシンというものをずっと貫き通しています。

 

現行モデル以外にも2代目や初代モデルの後期型は、現在の中古車市場でも年式の割にはかなり高めで、熱狂的なマニアがいるぐらいの大人気車種となっています。

ジムニーはSUVではありません

昨今、SUVやクロスオーバーSUVがもてはやされている時代ですが、このジムニーも一応SUVに属する車として売られています。

 

SUVというのは、アウトドアスポーツに出かけるために使われるピックアップトラックが派生したもので、4WDや腰高なボディによって悪路走破性を高め、荷物の多いアウトドアスポーツに使えるようにとたくさんの荷物を積めるようにし、更にピックアップトラックが根源となっているためラダーフレームを持ったもののことをそう呼びます。

 

クロスオーバーSUVはこのSUVのラダーフレームという条件を満たさない車のことで、実際に販売されているクロスオーバーSUVと呼ばれるものは、この部分に甘えた形で普通のセダンやステーションワゴンなどに生活4WDを組み込み、足回りやタイヤによってロードクリアランスをとった形で再現しているだけという見た目だけ、雰囲気だけSUVというものなのです。

 

それに対してジムニーのようなオフロードマシンはまさにオフロードを走るために作られた車で舗装路の走行も少しは考えられてはいますがメインステージとなるのはオフロードであるため、快適性は多少犠牲になっています。

 

このSUVとクロスオーバーSUVとオフロードマシンを最近はあいまいにする傾向が強くなってきており、それが販売戦略にも影響することからスズキではこのどう見てもオフロードマシンであるジムニーをSUVと銘打って販売しているのです。

 

しかし、ラダーフレームを持つことはSUVも同じですが、いまどき前後ともリジットアクスルでトランスファーを持ったパートタイム4WDのSUVなど見ることはないでしょう。

 

ここがこのジムニーのいいところで、どんなにお金がある人でも本格的なオフロードマシンが欲しいと思った時にこの車を買うという現象が起きるのです。

ジムニーを売りたいときは?

ジムニーの買取査定.biz
ジムニーの査定額は売却先の違いで大きく変わるので売る前の知識武装は欠かせません。ジムニーを高価買取してもらいたい時にとても参考になるサイトです。